高血圧だとなりやすい?NASHの治療法

肝臓の病気はアルコールを摂取する人が、発症するというイメージが定着しています。
確かにアルコールの過度な摂取は、肝炎や肝硬変の元です。
しかし、最近アルコールを全く飲まないのにも関わらず、肝炎を起こしているという方が増えています。

その名もNASH「非アルコール性脂肪肝炎」という病気です。
あまり聞きなれない病気ですが、患者数が増加しているとして、NASHは問題視されています。
NASHは肝臓に脂肪が蓄積し、肝組織に炎症が起こっている状態です。
この状態が続くと、やがて肝硬変を起こしてしまいます。
肝硬変にまで病状が進んでしまうと、肝不全や肝臓がんになりやすく、死亡してしまうリスクが大きく高まります。

NASHは発症しやすい体質など遺伝性、また薬による作用でも起こるケースがあるようです。
また、生活習慣によっても発症するケースがある為、注意が必要です。

実は、NASHを発症している方は、高血圧といった生活習慣病を引き起こしている場合が、多いと言われています。
高血圧は運動不足や、バランスの悪い食生活などで起こる病気です。
肝臓に脂肪が溜まるNASHも、日頃から運動不足であったり、脂肪分の多い食事をしていると、なりやすいと考えられます。
生活習慣が原因で起こっている場合の治療法は、まず生活習慣を見直す事が必要です。

血圧の治療法と同様、ビタミンやミネラルなどが多いバランスの良い食事を心がけましょう。
また、運動をして肝臓に脂肪が蓄積しないよう、ケアする事も治療法として有効です。

このような食事や運動といった対策は、高血圧改善にも効果的です。
高血圧も動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、腎臓病といった大きな病気の引き金となります。
NASHの治療法は高血圧対策にも、効果を発揮するでしょう。